2009年06月21日

80s JS 静岡09 REPORT 04

80sramp01.jpg
堀米雄斗


当日のイベントスケジュール第三弾
80's Jam Session です。
これは当時のスタイルを如何に再現するか
それがテーマであり、メインイベントです


80sramp02.jpg
Moto Shibata
普段乗らない板、普段しない格好でのセッションが始まりました。
楽しむことが目的のこのセッション、
一人ひとり、独自の80’sが見れました



80sramp03.jpg
Kazuo Fujimoto
藤本和雄、気合の入ったハンドプラントです
フライアウェイのヘルメットもいい味です



80sramp04.jpg
お疲れ様でした!!



80年代のHOW TO本の常連
篠省光・宮内健志、お二人もガンガン攻めていました

九州を代表する竹井昭作氏も遅れて到着し
現役を思い出させる高さのあるエアーやハンドプラントで楽しんでました


遠いところから皆さんが楽しみに来てくれたことを
心より感謝致します


次は・・・
平成VS昭和バトルセッション です!
posted by vert skateboard at 20:15| 80s静岡 09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

80s JS 静岡09 REPORT 03

当日のイベントスケジュール第二弾
Free style Sessionです。

フリースタイル・セッションも熱かったです!
今ではフラットランドと呼ばれて競技も行われています。
現在のストリート等のデッキを回転させる技は
「ロドニー・ミューレン」が発明したものが沢山あります

ここではフラットの1トリックセッションのような感じになり
当時の技や、独自のアイデアを生かした創造的なものが観れました。

oomori
Kenta Omori
フリースタイルセッションに駆けつけてくれた大森健太
彼はフラットランドのシーンで活躍中
キャスパーやレイルスライド、ハンドスタンド等、
リアルフリースタイルで会場を沸かせていました




ishihara
Sigeru Ishihara
スケート業界を昔から支えてきた石原繁
当日の音楽を自ら担当して下さいました



80sfree04.jpg
大事なフリースタイルボード「ケビンハリスモデル」を
この日に折ってしまった平沼孝之



80sfree03.jpg

次は10ftランページを使った80sセッションです
posted by vert skateboard at 16:18| 80s静岡 09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

80s JS 静岡09 REPORT 02

当日のイベントスケジュール第一弾
Jump Ramp Jam です。

80年代といえばジャンプランプ。
スケーターが集まる公園には必須のアイテムでした。
15分間の熱いジャムセッションが繰り広げられました。



horigome
堀米亮太 ワンフット
当日非常に気合の入っていた彼は、ヒッピーツイストや(360度横回転)
ロケットエアー等、当時現役の威力を発揮していました。
デッキも当時のものを用意し、会場の雰囲気も楽しんでおりました。




takeuchi
竹内淳 エアー
高さのあるエアーを決めるのはJACKのバートローカル竹内淳です。
静岡の地元魂を見せてくれました。




wait
順番待ち
ジャムセッションも中盤に差し掛かると、
シャイな子供たちも、先輩の姿を見よう見まねで参加し始めました。
ASJapan セッション スタイルを「楽しい!!」と感じてくれたようです。


そのうち、順番待ちがもどかしくなり・・・・




push
次々と連続で飛び始めました!
先で転倒した人などお構いなしのノンルール・ジャムセッション!
怪我だけはないように!




okuno
奥野卓哉 ヒッピーツイスト・ミュートグラブ
80s当時の状況を知らないながらも、自身の妄想により出来上がった80sイメージで
古着屋さんにて購入してきたファッションで登場です。
この日無理をしすぎて、踵にヒビが入ったとの情報も・・・




その後、フリースタイル・ジャムセッションへと続きます
posted by vert skateboard at 13:49| 80s静岡 09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。